車を売るための基礎知識

愛車を購入してずっと乗り続けるのは素晴らしいことですが、車にも寿命があります。

その為、寿命がくる前には買い替えを検討しなければいけません。

買い替えを検討する時には今ある車を売るか下取りに出すかをすることになりますが、知識がないと損をしてしまう可能性があります。

なので、車を売るために基本的な知識を紹介していきます。

車は下取りが良いのか買取がいいのか

車の手放し方にはディーラーに下取りをしてもらう方法と、買取業者に買取をしてもらうかの2パターンがあります。

では、どちらの方が損をせずに手放す事ができるかというと、「車を売る方」です。

買取業者は今の車の状態を全てチェックしたうえで適切な買取価格を付けてくれます。

もちろん愛車の相場なども把握しているので、最も高い買取価格を出してくれます。

しかし、ディーラーの下取りは、あくまでチェック項目に従って価格を出していくだけなので、相場よりも安くなりがちになるのです。

なので、下取りに出した時の価格と買取に出した時の価格は差がひらきます。

もし高額査定をしてもらいと思うなら断然買取業者に売る方が良いでしょう。

車を売るために知っておくべきこと

車を売るためには予め知っておくべきことがあります。

それが、

・Web査定で愛車の相場を調べておく
・車を売るのに必要な手順を調べておく
・車を売るタイミングを調べておく

です。

今回はWEB査定について紹介します。

Web査定で愛車の相場を調べておく必要があるのは、車を売る時には何店舗かで車を査定してもらう際に、一番条件の良い店舗で売れるようにする為です。

車は車種、年式、走行距離、カラー、事故歴、傷などを総合的に判断して買取価格が決まります。

しかし、その時に愛車の相場がどれくらいなのかを知らないと、どの価格が適正なのか、損をしないのかがわからないですよね。

愛車を相場を知っていれば、自分の中に目安があることになります。

目安があることで、明らかに相場よりも安い場合は交渉をするのに使うことができます。

交渉がうまくいかなかった場合は売らない選択をすることもできるので、知ってると知らないとでは大違いなのです。

なので、まずは無料査定を利用して今の愛車の相場をしっかりと把握しておくようにしましょう。

次回は、車を売るのに必要な手順について書こうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする